設計会社と実際に施工する側で生じる問題について

私は現在30代の男性です。大学で土木を学び、卒業後にゼネコンへ就職しました。そして、施工管理として公共事業の現場で働いています。これまで数々の現場を経験しました。きょうはそんな私が実感している設計と施工の間で生じる問題について記したいと思います。
公共事業はコンサルタント会社が設計を行い、その工事を受注した建設会社が施工するという流れです。とはいえ、施工してみて気づくことが多いのですが、設計どおりにすると問題が生じるということが良くあります。たとえば、簡単な例で言うと、建物の中でパイプを配管する工事で、実際に図面の通りに配管するとうまくつながらないという事などです。
ですので、施工する側は工事に入る前に、必ず図面を見直し、寸法なども確認し、施工するときに問題が生じないかを調べます。問題の根本の原因は、コンサルタントが出した設計を役所がきちんと精査しないことです。結局、最後に担当する施工する側が大変な思いをします。

工務店向け集客ノウハウ|健康マニアによる無病ライフ|住宅リフォーム総合情報|主婦の在宅ワーク|クレジットカードの即日発行じゃけん|女性向けエステ.com|生命保険の選び方|英語上達の秘訣|童話集|生命保険の口コミ.COM|GetMoney|マッサージのリアル口コミ.com|JALカード|英語上達の秘訣|